TOP / 新着情報一覧 / 建物の解体工事で養生が必要ないくつかの理由について

新着情報一覧

2021.08.13

建物の解体工事で養生が必要ないくつかの理由について

建物の解体工事をおこなう際は、

がれきの飛散や重機を使った工事の騒音を軽減させるための養生が必要不可欠です。

足場やシート建物などの養生をしっかりしてから施工することで、

解体工事の影響を最小限におさえられます。

解体工事と養生に関する情報をまとめました。

 

 

養生をすればクレームのリスクをおさえられる

建物の解体工事の際に養生をすれば、周辺住民からのクレームのリスクをおさえられます。

がれきの飛散や施工した時の重機の騒音は、クレームになりやすい状況です。

過去にはそれらが原因で、実際にクレームになった事例もあります。

養生をしてもがれきの飛散や騒音を完璧に防げるわけではないものの、

何もしないのと比べて周りへの影響を最小限に抑えられるのは間違いありません。

クレームが多発すれば、予定通りに解体工事を進めることが難しくなります。

滞りなく解体工事を終わらせるためにも、養生は欠かせないのです。

 

 

養生には作業スタッフの安全を守る役割もある

解体工事の際の養生には、クレーム対策以外に作業スタッフの安全を守る役割もあります。

建物を解体する時、作業スタッフは不安定な足場の上で作業することがめずらしくありません。

そのため使っている工具や現場に置いてあった材料が、落下してしまうリスクがあります。

養生がしっかりとできていれば、工具や材料が落下してしまうリスクをおさえられます。

万が一高い場所から工具や材料が落下したら、

下にいた作業スタッフに当たって大ケガをするかもしれません。

そうした危険を遠ざけるためにも養生が必要です。

 

 

養生をすれば施工がしやすくなる

シート建物などの養生をすれば費用が上乗せされますが、

その分施工しやすくなる大きなメリットがあります。

周辺に誰も住んでいないような広々とした場所にある建物の解体工事なら、

養生しなくても大きな問題にはならないのかもしれません。

ですが、日本は密集して建物が建っていることが多いため、建物同士の距離は近いのが一般的です。

周辺に住む人への影響を考慮するなら、

費用が上乗せされたとしても養生をしたほうが施工しやすくなります。

解体工事は大きな音が出る重機を使いますし、養生をするのが適切です。

 

 

まとめ

建物の解体工事で、養生は欠かせないことの1つです。

養生をすればクレームのリスクをおさえられますし、現場で作業するスタッフの安全も守れます。

がれきの飛散や大きな騒音は、なるべく軽減させないといけません。

そのためには養生をするのが最も効果的です。

 

名古屋市の足場工事は株式会社 栄建にお任せ下さい。

会社名:株式会社 栄建

住所:〒457-0068 愛知県名古屋市南区南野2-314

TEL:052-626-5399/080-2643-0005 
FAX:052-387-6406

業務内容:足場工事一式(規定)