TOP / 新着情報一覧 / 知っておきたい足場の基礎知識

新着情報一覧

2018.11.09

知っておきたい足場の基礎知識

家の周りを「足場」で囲われ外壁塗装を行っている住宅を見かけたことがあるかと思います。

街中ではビルの周りに足場がかかっているのを見かけることが多いですね。

実際に外壁工事を依頼する立場になると、見積書に記載されている足場代が高くてびっくりするかもしれません。

「足場代がなければもっと安くなるのでは?」「そもそも足場って必要?」と、費用を抑えたくなるかもしれません。

しかし、足場はとても大切なのです。

今回の記事では、足場の基礎知識である、足場が大切である理由をご紹介していきます。

 

足場が必要な理由とは?

足場の設置は、工事においてかなり重要な意味を持ちます。

その理由を知れば、高額な足場費用にも納得できるかと思います。

職人さんの安全のため

豊富な経験がある職人さんでも、高所作業では一瞬のふらつきや油断が命取りになる可能性があります。

作業中は、塗料や器具を持つこともあり、両手がふさがっているとバランスを崩しがち。

足場があれば、バランスを保ちやすく安全です。

足場代を削ることができれば、費用は安くなりますが、職人さんの安全性が守れません。

不安定な体勢のまま予想外に落下すれば、場合によっては命の危険にも繋がります。

職人さんが万一ケガをしたりでもしたら、塗装工事が終わっても気持ちの良いものではありません。

職人さんの安全のため、足場は大切なものなのです。

 

・作業をスムーズにするため

塗装に使う道具を下から上、横へと持った移動が多いです。

仮にハシゴだけでの作業となれば、何度も下に降りてハシゴをかけ直す必要も出てきます。

それでは移動時間が長くなり、作業のペースはかなり劣るでしょう。

しかも昇り降り中にも「安全」に気をつかわなければならず、慎重になればなるほど時間をかけてしまいます。

足場があればスムーズな移動ができるので、スケジュールに沿った塗装工事が可能です。

 

・塗料の飛散を防ぐため

綺麗な塗面に仕上げるには、塗装前の下準備が大切です。

それが高圧洗浄なのですが、水しぶきが周囲に飛び散らないよう対策を講じなければなりません。

また、塗装をするときにも風に乗って塗料が飛び散ります。

外壁塗装工事は「水しぶきや塗料の飛び散り」で近隣トラブルにならないように飛散防止シートを張ります。

それには、足場の組立が必要なのです。

 

・塗りムラを防ぎ塗装の満足感を高める

足場がなければ不安定な体勢での作業になります。

高いところに慣れた熟練工でも、手に塗料や道具を持ったままだとバランスが悪くなってしまいます

「塗装をしっかりやらなければ」と考えつつ、「自分の身を守る」ことにも気を配らなければなりません。

作業に集中できずに100%の力を発揮できなくなってしまいます。

足場無しで工事をすれば、良質な技術を持つ職人さんの腕を狂わす原因にもなります。

職人さんが集中して塗装できる「足場」の環境があれば、結果として綺麗な仕上がりが期待できると思います

名古屋市の足場工事は株式会社 栄建にお任せ下さい。

会社名:株式会社 栄建

住所:〒457-0068 愛知県名古屋市南区南野2-314

TEL:052-626-5399/080-2643-0005 
FAX:052-387-6406

業務内容:足場工事一式(規定)