TOP / 新着情報一覧 / 足場を組むときのよくあるトラブルと防止策

新着情報一覧

2020.03.27

足場を組むときのよくあるトラブルと防止策

足場を組むときや施工中は、ただでさえパイプやシートによって日光が遮られたり、
大きな音がしたりと迷惑をかけることになりますので、それ以上の隣家とのトラブルは絶対に避けたいですよね。

そこで今回は足場を組むときによくあるトラブルと、その防止策について調査しましたのでご覧ください。

足場を組むときによくあるトラブルとは?

足場を組むときによくあるトラブルは、なんといっても隣家や近隣の住民とのトラブルです。

施工開始前の住民同士の関係性や、施工中の現場作業員の対応の質などによって
同じ状況でもトラブルに発展してしまう場合があります。
物がはみ出さないようにするなど、日常の気遣いやほんの少しの配慮によって、
工程が順調に進められると良いですね。

 

足場を組むときによくあるトラブルの防止策は?

中でも、防止策として有効なものをご紹介していきます。

・隣家の敷地を借りる場合

足場のトラブルで一番大変とも言えるのが、ご家庭の敷地だけでは足場を作れないとき。
もし、施工する家の敷地だけで足場を組むスペースが確保できないということになった場合、
隣の敷地も借りなくてはなりません。
必ず隣家に丁重に挨拶し、協力をお願いしてください。
依頼者が隣家の方の了承を得ている場合であっても必ず挨拶しておくべきです。
時間をかけてでも、他人になるべく迷惑をかけず、的確な施工を成功させるための方法を考えましょう。

・落としたもので傷つけることのないように

養生シートや安全ネットなど、作業をしている足場からの落下物を、事前に防いでおく必要があります。
落下防止措置は、安衛則などにも記載があり、必ず実施しなければなりません。
面倒に思える対策ですが、実施を怠らず落下予防に努めましょう。

・外壁の近くにある車は移動しておく

外壁の近くに駐車していると、足場の組み立て作業や工事中に傷がついたり汚れたりすることがあります。
事前に駐車場を確保するなど、近くに自家用車を駐車することのないよう提案するようにしましょう。

・保険への加入と対象範囲のチェック

足場を組むときや解体するときに、外壁の一部や窓、車などを傷つけてしまうというトラブルは多々あります。
近隣の家が損傷してしまったという最悪の事例もありますし、できるだけの対策をしておきたいところです。
近隣の家を損傷させてしまったという場合を含めたトラブルの対応のため、
「瑕疵(かし)保険」に加入しておくべきでしょう。
瑕疵とは、キズのこと。瑕疵保険は、キズをつけてしまった場合のために、加入しておく保険のことです。
瑕疵保険に加入している場合、保険の対象範囲が近隣の住宅や工事関係者以外の人まで含んでいるか、
事前に調べておくと確実です。
せっかく保険に加入したのに保険が使えない、といった事態は避けなければなりません。

 

まとめ

足場を組むときによくあるトラブルは、近隣住民とのトラブルや物の損壊など多岐にわたります。
「転ばぬ先の杖」は、いくつあっても困りません。
最低限の仕事ではなく、準備を基本とした最大限の仕事をし、今後の信頼につなげられると良いですね。

名古屋市の足場工事は株式会社 栄建にお任せ下さい。

会社名:株式会社 栄建

住所:〒457-0068 愛知県名古屋市南区南野2-314

TEL:052-626-5399/080-2643-0005 
FAX:052-387-6406

業務内容:足場工事一式(規定)