TOP / 新着情報一覧 / 建築や解体で役立てられる足場

新着情報一覧

2021.11.26

建築や解体で役立てられる足場

建築、解体現場では足場が設置されます。

作業員が安全に作業をおこなうため、

安定した姿勢で仕上がりのクオリティーを高めるためにも欠かせません。

 

 

足場の必要性と資材の名前

解体工事で足場がきちんと設置されていないとケガのリスクが高まり、

安心して作業を進められません。

設置されていないと姿勢が保たれず足元がふらつき転倒したり、

作業が雑になってしまうおそれもあります。

また、解体した時に粉じん飛散やホコリなどが舞い周辺の迷惑になるため、

シートで養生できる足場は必要と言えるでしょう。

足場で使われる資材がいくつかあります。

支柱は部材をつなぐ留具です。

筋交いは斜めに設置する資材で、足場がより安定します。

設置しないとぐらつき崩壊する慴れもるので危険です。

踏み板は作業員が乗る板の事を言い、これがあることで安全性が保たれます。

作業員の安心感にもつながります。

 

 

建築現場で大活躍

建築現場では足場が設置されています。

組み立てる前に足場の設計をおこないますが、

道路を使用する場合や道に出る場合は届け出も必要です。

また、下から組み立てられない現場では吊り足場で作業をおこなうこともあり、

その際も届け出なければなりません。

足場には種類がありますが、一般住宅で主流なのがくさび式足場です。

低い建物や中層階の建物で使われる事が多く、

丈夫でしっかりしているので安定した姿勢作業をおこなえます。

ハンマーを使うため大きな音が出るのがマイナスですが、

組み立てや解体がスピーディーで工期が比較的短期間になるのが利点です。

単簡足場は、パイプをつなげて設置されます。ほかとの違いは踏み板がないことです。

作業員が乗る板がなくパイプの上を渡らなければならないので、

安定性の面では慣れていないと不安が残ります。

ただ、狭いスペースや複雑な建物に設置できるなどメリットも多く、

幅広い場所で利用されています。

 

 

足場の費用

建築現場で重要な存在である足場の設置費用は、規模や業者にもよりますが、

一般住宅の場合だと約10万円から15万円程の間です。

意外と費用が高くデメリットに感じることも多いでしょう。

しかし、建築現場の作業を円滑に進めていくためには、足場は必要不可欠です。

また、設置することでシートもかけられ、周辺の迷惑にならないためにも役立てられています。

 

 

足場は建築、解体現場に必要不可欠で、作業員の安全性やクオリティーで役立てられています。

また、作業の内容により届け出が必要になることもあるので注意が必要です。

 

名古屋市の足場工事は株式会社 栄建にお任せ下さい。

会社名:株式会社 栄建

住所:〒457-0068 愛知県名古屋市南区南野2-314

TEL:052-626-5399/080-2643-0005 
FAX:052-387-6406

業務内容:足場工事一式(規定)